会社概要

ごあいさつ

弊社は昭和50年の創業以来、食用油脂加工を通じておいしい豊かな皆様の食生活の一端を担ってまいりました。

この間に食品業界を取り巻く環境も様々に変わってまいりました。特に加工食品の味、安全性、使いやすさのレベルアップには目を見張るものがあります。このレベルアップは食品業界に携わるすべての人の努力がありその結果であります。

一方で度々消費者の皆様を困惑させる不祥事が発生していることも事実です。食は命に直結するものであります。食に携わる全ての者はそれを忘れることなく常に意識して業務に取り組まなければなりません。

弊社は今後も信頼される安全で安心な食品を作り続けることで社会に貢献し社会から必要とされる会社であり続けるよう努力してまいります。

会社概要

社名
株式会社直江津油脂
会社創立
昭和50年1月
所在地
新潟県上越市東中島2447番地
代表
佐藤 隆義
事業内容
食用油脂製造業、食肉処理業、食用廃油収集運搬
資本金
10,000千円
取引銀行
大光銀行、第四銀行、商工中金、八十二銀行、上越信用金庫

営業品目

◎食用動植物油脂・・・香味油各種、ポーク、ビーフ、チキン各種オイル
◎洗浄油脂、牛脂・・・ソーセージ、ハンバーグ、餃子等の原料
◎食肉加工処理・・・・ソーセージ等の原料肉加工処理
◎スープ用骨材加工・・がら丸、中華スープ用だし取り材

会社沿革

昭和50年1月
創業 ラード、ヘットの生産を始める
昭和57年11月
現在地に移転、西工場竣工。ダイスカット脂生産開始
昭和58年8月
株式会社に組織変更
昭和59年1月
東工場竣工
平成9年
新東工場竣工。骨材加工本格生産開始
平成14年6月
新西工場竣工
平性18年8月
新潟県経営革新計画承認
平成21年2月
エコアクション21承認
平成21年6月
西工場増設、浄化槽増設、敷地拡大
平成25年8月
ものづくり補助金事業に採択され新商品の開発と設備投資を行う

アクセスマップ

株式会社直江津油脂